ストレスは万病の元~原因を知り、早めに対策をしよう~

言葉が出てこないときは、記憶力を高めれば良い!

  • TOP
  • >
  • トレーニング方法

言葉が出てこない人に最適なトレーニング

メンズ

普通に会話するためにも、日頃から言葉をスムーズに言えるように脳のトレーニングや会話のトレーニングを行なった方が良いです。どのようなトレーニング方法があるのか紹介します。時間を見つけて、続けてみてください。コンプレックスに感じる会話力をいつか特技に変えられるでしょう。

上手く喋るためのトレーニング方法

絵を描いてそれをイメージする
鮮明で明確なイメージを持つと、脳がそれを現実化にしようとします。絵を描くことは、イメージ力を高める上でとても有効です。まず、身近にあるものを描いてみると良いでしょう。パソコンやコップ、ボールペンや時計などが挙げられます。描き終わったら目を閉じて、頭の中で画像を再現します。そして、再現した画像をできるだけ長く維持するようにするのがコツです。イメージした画像がすぐに消えてしまうという場合は、好きな人の顔や印象に強く残っているものをイメージしましょう。
大きな声を出すようにする
普段から大きな声を出すことで、相手に届く声の大きさで会話できるようになるでしょう。自然と自信がつくはずです。
人の名前を覚えて顔と一致しているか確認
社員の多い会社であれば、あまり印象にない人や名前の分からない人もいるでしょう。その場合は、名前と顔が一致するように積極的に覚えましょう。顔を見た瞬間に名前が思い浮かぶ、あるいは名前を聞いた瞬間に顔が思い浮かぶまでイメージトレーニングを行なうと良いです。会話のときに相手の名前を意識的に言うことで覚えやすくなりますし、相手にも親近感を与えられます。

このようなトレーニングを続けることで、言葉が出てこないという悩みやストレスを改善することができます。

PCやスマートフォンに頼り過ぎはダメ

PCやスマートフォン用の便利なアプリが沢山出ている今、それらを活用している人は多いでしょう。しかし、そうした文明の力に頼り過ぎていると、脳が楽をして退化していってしまいます。できるだけ自分の手を使ってメモを取るようにしたり、計算機を使わずに暗算したりするようにしましょう。また、忘れたことをPCやスマートフォンですぐに調べることも、脳的にはあまり良くありません。思い出す努力をしましょう。毎日のちょっとした動作を見直していくだけで、脳は若返ります。

人と話すときに気を付けること

人と話すときに緊張してストレスを感じる人は、慌てずに落ち着くことが重要です。人と話す際は次のようなことに気を付けてみてください。

人と話すときに焦ってしまうのですが、どうしたら良いですか?
まずは3~5秒間沈黙を作りましょう。相手も伝えたい言葉を探しているかも知れません。それを無視してすぐに返事をしてしまうと、相手は「自分との会話を早く終わらせたいのかな?」と感じてしまいます。無理やり話している印象を与えかねないので、要注意です。また、会話のときは笑顔で相手と向き合うようにしましょう。笑顔で向き合ってくれる人を悪い人だと思う人は、あまりいません。
次の言葉が出てこない場合は、どうやって会話をつなげば良いですか?
人は相手と距離を置いたり牽制したりするときに、「はい」「いいえ」で受け答えをしてしまいます。緊張して何を言えば良いか分からないときも、同じようになってしまうでしょう。「気の利いたことが言えない」と悩む人は、意外と多いです。「はい」の返事の後に、「自分の話」を少しだけ加えてみると、会話が広がります。しかし、中には自分との会話を避けようとする人もいるでしょう。そういう人と会話を続けようとするのは止めましょう。気の合わない相手と無理に話して、ストレスを溜めてはいけません。

会話することに不安を感じる人は、このような対策を行ない会話に詰まらないようにしましょう。

言葉が出てこない悩みを普段の生活で改善

言葉が出てこないという悩みは、普段の生活で改善できます。ここでは、脳の働きを良くする食材をいくつか紹介するので普段の食生活に取り入れてみてください。

脳の働きを良くする食材

ほうれん草
ほうれん草には血流を良くするマグネシウムが豊富に含まれています。血行が良くなることで、体の緊張がほぐれやすくなるでしょう。また、脳にもしっかりと酸素が届くので、言葉が出てこないという症状の改善にも効果的です。
サンマ・マグロ
脳を活性化する食べ物第1位と言われているのが、魚です。魚には、「DHA(ドコサヘキサエン酸)」と「EPA(エイコサペンタエン酸)」が豊富に含まれています。これは、神経細胞の成長や神経伝達物質の働きを正常に保つための栄養素です。脳の血流を良くする効果もあるので積極的に摂るようにしましょう。また、良質なアミノ酸が多く含まれていることから、筋肉量の増加にも有効です。
納豆
納豆の原料である大豆には、「レシチン」が含まれています。この栄養素は、神経伝達物質の元になる「アセチルコリン」の生成に大事な役割を担っています。レシチン不足でアセチルコリンが減少すると、脳の働きが鈍くなります。納豆を毎日食べると、脳を若く保てるでしょう。
ムール貝
脳科学者が認める脳に良い栄養素の1つとして、ビタミンB12があります。ビタミンB12は脳を「隔離」することで、脳の老化を防いでくれます。ムール貝には、そのビタミンB12が多く含まれているので、こちらも摂取したい食材の1つです。

生活習慣の改善で言葉が出るようになります

運動をすることで、適度にストレスを解消できます。また、少しずつ人との会話を増やすことで、話すことへのプレッシャーを減らしていけるでしょう。言葉が出てこないと悩んでいる人は、自分に合った方法で改善していってください。

TOPボタン

Copyright©2017 言葉が出てこないストレス~考えうる病気と対処のヒント~ All Rights Reserved.