ストレスは万病の元~原因を知り、早めに対策をしよう~

言葉がうまく出てこない悩みの原因と対処法

言葉が出てこないのはストレスが関係している

男性

会話をしようと思っているときに言葉が出てこないということがあります。ここでは、実際に言葉が出てこないことがあった人達の声を聞いてみましょう。

最近言葉が出てこないという悩みを抱えている

喋りたいことは頭に浮かんでいるのに、言葉が出てこない (40代/男性)

いつもと同じ状況で同じようなことを言葉にしようとしたときに、何故か出てこないという体験をするようになりました。はじめは、「何故だろう」で済ませていたのですが、その後頻繁に起こるようになり怖くなって医師に相談したんです。すると、脳梗塞を発症するリスクが高まっていると、医師から告げられました。仕事が忙しく、過度のストレスや睡眠不足があったので納得しました。今は無理をせずに、なるべくストレスを溜めないようにしています。

最近会話をしているときによく嚙むようになりました (50代/男性)

自分で言うのもなんですが、以前は滑舌が良かったです。スーパーやファミレスでも店員から聞き返されることはありませんでした。しかし、最近はよく会話の中で言葉に詰まったり噛んだりするようになりました。そここで、健康オタクの友人に相談すると、脳梗塞の気があるんじゃないかと言われました。妻もまだ若いので心配です。

このように自分の意志とは関係なく、言葉が出てこないという悩みを抱えている人はたくさんいます。最近何かおかしいなという人は、原因が何なのか考えましょう。そのまま放置していてはいけません。

言葉が出てこない原因を追求

言葉が出てこない原因として、ストレスが関係しています。ストレスが多くなることで症状も変化するので、ここでは段階別に症状とそれを詳しく紹介している情報をまとめています。

レベル1:対人ストレス 症状:人と話すことにストレスを感じる

精神的なストレスを感じてしまい、それが原因で言葉が出てこないようになり上手く喋れなくなります。人と話すことにプレッシャーやストレスを感じる人の多くに、この症状が見られます。自分のペースで話すことを心掛けるだけでも改善していけます。親しい友達や家族と話すときに、相手の会話術を真似して覚えると良いでしょう。話すことへの苦手意識を克服できます。

レベル2:自律神経失調症 症状:言葉が出てこない・ろれつが回らない

ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、上手く喋れなくなるだけでなく、ろれつも回らなくなっていきます。言葉を噛む症状には、「吃音(きつおん)」や「どもり」、「構音障害」や「失語症」などがあります。それぞれ発症原因は異なりますが、ストレスが与える影響は少なからずあるのです。耳と口の両方が健全であるにも関わらず上手く話せないという場合は、ストレスを上手に解消しましょう。

レベル3:脳梗塞 症状:口や舌の麻痺

ストレスによって脳梗塞を引き起こすことがあります。脳梗塞の初期症状として口や舌が痺れて言葉が出てこないようになります。脳疾患の1つである「脳卒中」の約7割は、脳の血管が詰まる「脳梗塞」です。1度発症すると思い後遺症が残ることもあるため、気を付けなければいけない疾患です。口や下の麻痺が見られる前に、言葉が出てこない症状も現れるのでサインを見逃さないようにしましょう。

ストレスを解消して会話をスムーズに

どもってしまう場合は、まず一呼吸置いてから落ち着いて話すようにしましょう。上手く言えなくても恥ずかしくありません。少ない言葉数でもきちんと伝わる言葉を選べば、意思は伝わります。そうすれば、「沢山話さなくちゃ」というストレスも減らせるでしょう。ストレスを感じたときは、あえてゆっくりと自分のペースで話すようにしましょう。

言葉が出てこないと思ったらすぐに行動

ストレスを解消するためにマッサージを行なうことも有効な手です。マッサージを行なうことでストレスだけでなく、脳への負担も軽くできます。ここではマッサージ方法とその効果を紹介します。最近体が緊張している、ストレスを感じているという人は実践してみてください。

マッサージでストレスを解消

頭皮マッサージ
頭と顔には、精神をリラックスさせるツボがあります。体の緊張をほぐすには、全身マッサージが向いていますが、それと併せて行ないたいのが頭皮マッサージです。「疲れているのに眠れない」といった夜にも頭皮マッサージはおすすめです。脳の血流を改善することで脳の疲れが取れる他、顔色も良くなります。また、眼精疲労が溜まっていて頭痛がするという人にも向いています。まず、頭の両サイドにそれぞれ指を4本置き、上に向かってグッと力を入れながらスライドさせましょう。頭の前の方も同じようにマッサージします。
手のツボを押すマッサージ
親指と人差指の間には、「合谷」というツボがあります。このツボは万能ツボと呼ばれていて、頭痛や肩こり、全身の疲れに効くとされています。反対側の手で、このツボを刺激しましょう。手のツボは手の平や指だけにあるわけではありません。何と、爪にもあるのです。爪の付け根を押さえれば、交感神経の働きを和らげることができます。しかし、薬指の爪は逆効果なので要注意です。
足ツボマッサージ
ストレス解消に効果のある足裏のツボが、「湧泉」と「腎臓区」、「失眠」です。この3つは、足裏の中心の縦の線上にあります。ストレスを感じたら、ここを刺激してリラックスするようにしましょう。

これらの効果的なマッサージを行ない、こまめにストレスを解消してください。脳や全身の緊張が取れて、スムーズに話せるようになるでしょう。また、言葉が出てこないときは、焦らずにゆっくりと言葉を探してみてください。伝えたい言葉が見つかればスッキリするはずですし、言葉を丁寧に選ぶ姿勢は相手に好印象を与えるでしょう。できるだけ、話すことにストレスを感じないようにするのがコツです。

言葉が出てこないと思ったら1人で悩まないように

1人で悩まずに周りに相談するか、カウンセラーに相談しましょう。カウンセラーなら様々な問題に対応できます。言葉が出てこない原因は色々あります。体と心のどちらに原因があるのか、調べることができるでしょう。心に抱える悩みや癖は、きちんと納得して解決しなければ苦しくなってしまいます。症状が悪化する前に対処することが大事です。

TOPボタン

Copyright©2017 言葉が出てこないストレス~考えうる病気と対処のヒント~ All Rights Reserved.